マイクロサービスがコンテナ化を加速

  • コンテナは、アプリケーションのオーナーにとってアプリケーションデプロイのための最適な技術となりました。
  • コンテナは、同じOSカーネルを共有し、同じマシン上で走り、アプリケーションとその他の環境を含みます。
  • コンテナは、すぐに始めることができ、軽量で、アプリケーションにポータビリティをもたらします。

OpenStackがクラウドオペレーターにとって最適な選択に

OpenStackを採用する企業やサービスプロバイダーが増えています。Dockerのようなコンテナ技術は、パブリックやプライベート、ハイブリッドクラウド環境に、アプリケーションをパッケージングしデプロイする開発者にとって最適な選択肢となりました。

プロダクション可能なOpenStack ネットワーキング

コンテナネットワーキングは初期段階ですが、OpenStackネットワーキングは成熟期を迎え、LBaaSやFWaaSなどの先進的なネットワーキングサービスの提供が始まっています。

コンテナネットワーキングAPIをNeutronにマッピング

MidoNet Container Networking with Docker, Kuryr and other MicroServices
OpenStackのKuryrプロジェクトは、コンテナネットワーキングにOpenStackネットワーキングの導入を可能にします。

マイクロサービスアーキテクチャに
移行するアプリケーション

Microservices container networking applications

ネットワーキングがマイクロサービスに複雑さを追加

マイクロサービスアーキテクチャにおけるネットワーキングは、より多くのコンポーネントを管理しなければならないこと、より多くのエンドポイントをセキュアにしなければならないことを意味します。設定を継続的に行い、セキュリティポリシーをメンテナンスすることは困難な作業になり得ます。

Ancestry社のOpenStackとDocker導入

OpenStackにおけるKURYR Dockerネットワーク

Fill out my online form.