マネージメントチーム

アントニオ・J・エスピノサ

Mido Holdings CEO 兼プレジデント

アントニオ・J・エスピノサは、グローバルフィールドオペレーションにおける専門知識を持つシニア・オペレーティング・エグゼクティブです。アントニオはIoT、B2BのSaaS型エンタープライズ、モバイルアプリケーション、およびセキュリティ・ソフトウェア・システムの分野で経験を持っています。上場企業及び非上場企業で取締役会長、最高経営責任者兼社長、副社長やマネージングディレクターを勤めて来ました。

アントニオは、カリフォルニア大学デービス校から科学電気工学から科学の学士号と修士を取得し、またカリフォルニア大学デービス校大学院で経営修士を取得しています。アントニオは、スタンフォード大学大学院よりエグゼクティブ経営管理の学位を取得してアカデミックを終えました。

アントニオはスペイン系アメリカ人でカリフォニアで生まれ、英語とスペイン語を話します。
彼はヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカを旅してビジネスオペレーションをリードしてきました。趣味はスポーツ、写真、屋外、特にキャンピング、バックパッキングや釣りです。

ピノ ディ カンディア

Mido Holdings 最高技術責任者(CTO)

ピノは2010年末にソフトウェアエンジニアとしてミドクラに参画しました。MidoNetの初期バージョンからMidoNetの開発に中心的な役割を担い、2011年にはバルセロナをベースとしたネットワークコントローラーチームのリーダに就任。2013年の4月には、VP of Engineeringに昇進し、東京、バルセロナ、サンフランシスコの3拠点をまたいで、ソフトウェア開発とクオリティアシュアランスチームを率いています。

ミドクラに入る前、ピノはアマゾンに在籍していました。アマゾンでは最初の2年はNoSQLデータストアのダイナモを開発し、さらにそのご2年半はキャッシュツールとシステムにフォーカスした社内インフラソフトウェアチームのマネージャを勤めていました。

ピノはコーネル大学コンピューターサイエンスの学士及び修士号を修得しています。

.

ティム・マックナリー

チーフ・ファイナンシャル・オフィサー

ティム・マックナリーはハードウェア、ソフトウェア、メディア、クリーンテック企業の運営および財務担当上級役員です。ミドクラのCFOとして、財務計画と分析(FP&A)に重点を置き、ミドクラの企業インフラストラクチャを監視しています。ミドクラに入社する前は、革新的でエネルギー効率の高い電気モーターの世界的メーカーである、RegalグループのNovaTorqueでCFOを勤めていました。

ティムの投資経験には買収、高成長ベンチャー、再開や債務調達業務が含まれています。

フルブライトの学者であり、ウォートン大学から経営学修士号を取得し、プリンストン大学から機械工学学士号を取得しています。

.