マネージメントチーム


廣川裕司

ミドクラジャパン代表取締役社長

廣川裕司はミドクラジャパン株式会社の代表取締役社長としてミドクラグループに於ける日本及びAPACの責任者を勤めています。30年以上に渡りグローバルIT事業に携わり、その中でもソフトフェア、サービス、ストレージやサーバーのセールス・サービス・マーケティング分野で活躍してまいりました。1981年に日立製作所本社国際事業部に入社し、その後は日立ヨーロッパのデュッセルドルフ営業所でセールスマネージャーを勤め、米国日立データシステムズに出向して、同社企画部門役員、グローバルセールス副社長を歴任いたしました。その後、サン・マイクロシステムズ株式会社の執行役員としてデータセンターソリューション営業本部長、パートナ戦略統括本部長、テクノロジーパートナ営業本部長、インダストリー営業本部長などの営業部門要職を歴任し、日本BEAシステムズで代表取締役を勤めました。ミドクラに入社する直前は、レッドハット株式会社の会長、代表取締役社長を8年以上に渡って勤めました。 横須賀出身で、1981年慶應義塾大学工学部卒業です。


ダン ミハイ ドミトリウ

アントニオ・J・エスピノサ

Mido Holdings CEO 兼プレジデント

アントニオ・J・エスピノサは、グローバルフィールドオペレーションにおける専門知識を持つシニア・オペレーティング・エグゼクティブです。アントニオはIoT、B2BのSaaS型エンタープライズ、モバイルアプリケーション、およびセキュリティ・ソフトウェア・システムの分野で経験を持っています。上場企業及び非上場企業で取締役会長、最高経営責任者兼社長、副社長やマネージングディレクターを勤めて来ました。

アントニオは、カリフォルニア大学デービス校から科学電気工学から科学の学士号と修士を取得し、またカリフォルニア大学デービス校大学院で経営修士を取得しています。アントニオは、スタンフォード大学大学院よりエグゼクティブ経営管理の学位を取得してアカデミックを終えました。

アントニオはスペイン系アメリカ人でカリフォニアで生まれ、英語とスペイン語を話します。
彼はヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカを旅してビジネスオペレーションをリードしてきました。趣味はスポーツ、写真、屋外、特にキャンピング、バックパッキングや釣りです。



ダン ミハイ ドミトリウ

Mido Holdings チーフプロダクトストラテジー 兼 共同創業者

ダンはミドクラ・テクノロジーのイノベーション、デザイン、構築、オペレーションの最高統括責任者です。

ミドクラに参画する前は、Ballista Securitiesで、チーフアーキテクトをしておりました。(Ballista Securitiesはオプション取引に電子ブロック提供しているニューヨークの会社です)

その前は、NGIグループにてシニアリサーチャー、Amazonにてテクニカルリード、スイス連邦工科大学ローザンヌ校で研究員、ソニーエレクトロニクスに於いてシニアリサーチャー、Reliable Network Solutionsにてテクニカルリードをしておりました。

ダンは、コーネル大学より、コンピューターサイエンスの学士号、エンジニアリングの修士号を修得しています。多くの共同研究論文を発表しており、ネットワークコンピューターに関する特許をいくつか保持しているクラウドコンピューターテクノロジーの専門家です。



加藤 隆哉

Mido Holdings 会長 兼 共同創業者

加藤隆哉はミドクラにおける事業開発を統括しています。日本のIT業界において幅広い人脈を持ち、スタートアップやテクノロジーに対して、何十年もの経験を持っています。

日本のITサービスやモバイル・インターネットの会社で、トップとして事業を成功に導いた実績があります。またVCファンドマネージャーとして、インターネット・ソフトフェア関連会社への投資経験もあります。

また、複数の政府機関や複数のスタートアップの委員会のメンバーです。Royal Gate, Shift、 Millmo、 日本Movad 、booxの役員を勤めています。

加藤は京都大学より工学の学位を取得しています。大学時代はフットボール選手として二回の日本一に輝いています。



ピノ ディ カンディア

Mido Holdings 最高技術責任者(CTO)

ピノは2010年末にソフトウェアエンジニアとしてミドクラに参画しました。MidoNetの初期バージョンからMidoNetの開発に中心的な役割を担い、2011年にはバルセロナをベースとしたネットワークコントローラーチームのリーダに就任。2013年の4月には、VP of Engineeringに昇進し、東京、バルセロナ、サンフランシスコの3拠点をまたいで、ソフトウェア開発とクオリティアシュアランスチームを率いています。

ミドクラに入る前、ピノはアマゾンに在籍していました。アマゾンでは最初の2年はNoSQLデータストアのダイナモを開発し、さらにそのご2年半はキャッシュツールとシステムにフォーカスした社内インフラソフトウェアチームのマネージャを勤めていました。

ピノはコーネル大学コンピューターサイエンスの学士及び修士号を修得しています。