ミドクラ、富士通との戦略的OEMパートナーシップ締結を発表

 

2015729

ミドクラ

 

 

ミドクラ、富士通との戦略的OEMパートナーシップ締結を発表

 

ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット(MEM)は富士通の
主要なネットワーク仮想化ソリューションとしてエンタープライズ顧客に提供

 

革新的なクラウドネットワーク仮想化ソフトウェアを提供するミドクラ(日本法人:ミドクラジャパン 東京都港区、代表取締役:加藤隆哉)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下富士通)との提携をさらにすすめ、OEM契約を締結したことを発表しました。ミドクラのネットワーク仮想化ソリューション、ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット(MEM)は、富士通のOpenStack(※1)をベースとしたプライベートクラウド構築において、主要なネットワーク仮想化製品として全世界で提供されます。

 

このOEM契約は、すでに2014年5月および同年10月に発表された両社の戦略的提携をさらに深化させたもので、協業範囲を、営業活動だけでなく製品開発やカスタマーサポートまで拡大するものです。両社は大規模なOpenStack環境をサポートするソリューションに取り組んでおり、今後はミドクラのMEMを富士通のOpenStackベースのクラウド構築を担う主要なオーバーレイ型ネットワーク仮想化ソリューションとしてお客様に積極的に提案すると共にサポートの充実化を図って参ります。

 

富士通株式会社 プラットフォームソフトウェア事業本部長 藤原隆氏のコメント

「富士通は2014年からミドクラ様との業務提携をしており、このたびOEM製品としてお客様にご提供できることを大変嬉しく思います。

富士通は、お客様の多種多様なクラウドへのニーズに応えるためOpenStack対応に積極的に取り組んでおり、今後、ミドクラ様と技術・サポートの両面において更なる連携を深めながら、お客様にとって最適なクラウド基盤をお届けできるものと確信しております。」

 

Dr. Joseph Reger, Chief Technology Officer of Fujitsu Europe, Middle East, India & Africa 
のコメント

「富士通とミドクラとの新たな段階の協業を喜ばしく思います。富士通からMidoNetをOEM提供することは、両社の技術的協業をより深化させます。MidoNetは、我々のEMEIA地域におけるデジタル・ビジネス・プラットフォーム、ネットワーク仮想化、およびオープンソースの提案を強化する大きな可能性を持っていると感じます。」

 

ミドクラ 共同創業者 兼 CEO 兼 CTO、ダン ミハイ ドミトリウのコメント

「我々は既にパートナーとしてご一緒させていただいている富士通様と、OEMパートナーとしてさらに協業ができるようになったことをとても嬉しく思います。世界をリードするITプロバイダーである富士通様と、緊密に連携しながらプロダクト開発やお客様のサポート業務を実施し、多くのお客様にプライベートクラウドを提供できることをとても楽しみにしています。」

 

 

世界で最も有力なITプロバイダーの一社として、富士通はOpenStackをプライベートクラウドおよびパブリッククラウドに取り入れています。コスト削減やベンダーロックインの回避のため、OpenStackを取り入れるエンタープライズ顧客が増加しています。しかし、最近のOpenStackファウンデーションの調査によると、OpenStackユーザーの約3分の2がOpenStackのネットワークコンポーネントであるNeutronに懸念を持っています。

 

MEMはInfrastructure as a Service(IaaS)に最適な仮想ネットワークを実現する、拡張性の高いネットワーク仮想化ソフトウェアです。MEMはOpenStackネットワークNeutronのデフォルトとなっているOVSプラグインを代替し、OVSプラグインがもつ拡張性や障害耐性の課題を解決することで、エンタープライズ顧客の商用利用に耐えうる性能の仮想ネットワーク機能を実現します。

 

富士通のOEM製品として提供されることで、ミドクラはGlobal1000企業の仮想ネットワークに対する要件にも対応できるようになります。MidoNetは2014年11月にオープンソース化されました。富士通はMidoNetオープンソースコミュニティのメンバーでもあり、コミュニティ活動においても、顧客の要求する機能開発に取り組む予定です。

 

オープンソース版MidoNetの利用者は、小規模から大規模の幅広い規模で、世界中で増加しています。MidoNetは、既存の物理機器を活用しながら、物理とは完全に切り離された仮想ネットワークを生成し、何千台の規模まで拡張できるネットワーク仮想化プラットフォームです。MEMはMidoNetのエンタープライズ向け製品で、サポートおよび運用ツールが強化されています。

 

サポート、製品、料金に関するご質問はまでお問い合わせください。

 

※1

OpenStackとは、クラウドコンピューティングの基盤を構築するためのクラウドマネージメントシステムの一つ。Apacheライセンスに基づくオープンソースソフトウェアとして提供されており、IaaSサービスを展開するために必要な機能を実現する。各機能がモジュール化されて提供されていることが特徴で、ユーザーは必要なモジュールだけを使うことができる。ネットワーク機能を担うモジュールの名前はNeutron。

 

リンク

 

ミドクラについて

ミドクラは、2010年に創立された、ネットワーク仮想化分野に特化したグローバル・スタートアップです。メンバーは、Amazon、シスコ、Googleなどの最先端企業からのトップエンジニアで構成されています。OpenStack等のクラウドプラットフォームと連携した、オーバーレイ型ネットワーク仮想化ソフトウェア、ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット (MEM)をアジア、欧州、北米の3地域にて提供しています。OpenStackネットワーキング(Neutron)のコントリビューター、Open Daylight Projectのメンバー。ベンダーフリーのネットワーク仮想化ソフトウェアMidoNetをオープンソースとしてwww.midonet.orgにて提供しています。

より詳しい情報はミドクラホームページをご覧くださいhttp://www.midokura.jp.
ミドクラのTwitterアカウント: @MidokuraJapan

###

本サイトに含まれる全ての商標は特に指定がない限り各社が所有しています。

 

【報道関係者からのお問い合わせ】

ミドクラジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーション担当
松尾 茜
電話:080-3310-3531